日曜学校紹介

私たちの教会では、設立当初より日曜学校を開設し、子供たち一人ひとりに、神に愛されている大切な存在であることを聖書より教えて参りました。 神と人を愛する心、親切と思いやりのある子供の育成を目標としております。 特に今の時代、自分も相手も大事ないのちをいただいている存在であることを実感できることが大切であると考えています。 教師一同はボランティアとして、子供たちを愛し祈りをもって奉仕をしています。 私たちの教会の日曜学校に、ぜひ一度お越しくださり、ご覧ください。 お子様だけの場合も、安心してお送りくださいますようお願い申し上げます。

日曜学校の働きは教会の利得に関わるものではなく、お子さまの健全な成長のためにも、 ぜひご理解を賜りますようお願い申しあげます。 ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 ご家族そろってのおいでを心よりお待ちしております。

にちようがっこうでは・・・

聖書のお話をききます。
聖書は誤りのない「神のおことば」そのものであると私たちは信じています。 日曜学校では聖書に書かれている天地の始まり、人間の堕落、罪、 そして人間を永遠の滅びから救い出す主イエス・キリストについて学び、学びを通して神に愛されていること、神と人を愛し仕えることを教えます。

神様を賛美します。
大人と一緒の礼拝でも、子供たちだけの礼拝でも、必ずみんなで声を合わせて賛美をし、神さまをほめたたえます。

お祈りをします。
祈りは神さまとの対話です。みんなで心を合わせて、時には声を合わせて、あるいは一人一人が、神さまに祈ります。

献金をします。
礼拝において、献金の時間があります。子供たちに感謝すること、ささげる事の大切さや、宣教の働きに参加する喜びを教えるために、献金を勧めます。 しかしあくまでも自発的な信仰の行為としてなされるよう配慮します。ささげられたものは、教会の働き、宣教師たちへの援助などに用いられます。

分級に分かれて、一緒に学びます。
幼稚科、下級科、上級科それぞれに分かれて、礼拝で聞いた聖書のお話をさらにわかりやすく適用します。 工作やゲーム、またともにワークブックをする事などを通して、教師と生徒、それから生徒同士の信頼関係を深め友情を育みます。

ピクニックに出かけます。
年に1〜2回、公園や山などに出かけて、交流を深め、神さまのつくられた世界を一緒に味わいます。

キャンプや夏季学校もあります。
教会に一泊したり、自然の豊かなキャンプ地に出かけて、楽しく過ごします。 大人も子供も参加できる教会キャンプもあります。 一緒に生活し、共に神さまの恵みを味わいます。

クリスマスやイースターのお祝いをします。
イエス・キリストの誕生を記念するクリスマス、そして十字架の死から3日目に復活されたことを祝うイースター。 記念の子供会を開いて、練習してきた劇や出し物を発表します。日曜学校では最も大切な記念日です。

船橋聖書バプテスト教会
273-0021
千葉県船橋市海神 3-23-63
tel:047-433-1763
e-mail(事務室):xaris@mbf.nifty.com